コーヒーの定期便 あなた専用のコーヒーボックスがポストに届く スペシャルティコーヒーのサブスクリプションサービス PostCoffee

コーヒーに合うミルクはどれ?焙煎士3人で検証してみた

2021/05/05

コーヒーとミルクは、最高の組み合わせ。ブラックコーヒーだと飲めないけど、ミルクを入れるとコーヒーが飲める!という方も多いかと思います。

コーヒーと合わせて美味しい牛乳はどれだろう?ということで、実際にスーパーで購入できる牛乳を集めて検証してみることにしました。

4種類の牛乳を飲み比べ

PostCoffee焙煎チームで実際に4種類の牛乳をスーパーで購入して、飲み比べてみることにしました。

▼使用ミルク一覧

  • 特選よつ葉無脂肪牛乳
    無脂乳固形分8.6%以上・乳脂肪分0.4%・殺菌120℃2秒間
    脂肪分が少ないため、口当たりはサラサラで、甘みを強く感じます。牛乳の風味は弱めです。
  • 特選よつ葉低脂肪牛乳
    無脂乳固形分8.6%以上・乳脂肪分1.5%・殺菌120℃2秒間
    脂肪分が牛乳と無脂肪乳のちょうど間くらいで、まろやかな口当たりです。甘みを感じやすく、舌に重く残る感じがないので飲みやすい印象です。
  • 特選よつ葉牛乳
    無脂乳固形分8.5%以上・乳脂肪分3.7%・殺菌120℃2秒間
    4種類の中でも口当たりが1番重めな印象です。牛乳の風味も強く、こってりとした味わいです。
  • タカナシ低温殺菌牛乳
    無脂乳固形分8.4%以上・乳脂肪分3.6%・殺菌66℃30分間
    口当たりは、低脂肪牛乳に近いです。甘みを感じやすいですが、牛乳の風味が柔らかい印象です。

カフェオレを作って飲み比べ

コーヒーと牛乳を1:1の割合にして、カフェオレを作り、どれが1番美味しいかコーヒーチームで投票して決めることにしました!

検証結果

同率1位
特選よつ葉低脂肪牛乳・特選よつ葉牛乳・タカナシ低温殺菌牛乳

2位
特選よつ葉無脂肪牛乳

それぞれ「美味しい」と感じた組み合わせについて聞いてみました。

Arisa(Roaster)→ 特選よつ葉牛乳に投票
「牛乳の風味がしっかりして一番濃厚でした。まったり休日に楽しみたいミルキーな味わいです。」

Kurota (Roaster) → タカナシ低温殺菌牛乳に投票
「1番牛乳の甘さとコーヒーのバランスが良かったです。さっぱりとした口当たりで、マグ1杯飲むのにちょうど良い味わいでした。」

Pauline (Roaster) → 特選よつ葉低脂肪牛乳に投票
「フランスではよく、低脂肪牛乳で作ったカフェオレを飲みます。毎朝、カフェオレボウルでたっぷり飲むため、軽い味わいが好まれます。低脂肪牛乳が1番飲み慣れた味で、美味しいと思いました。」

コーヒーに合わせて美味しいミルクは好みによってわかれますね!

それぞれのミルクの味わいを表にするとこんな感じです。

無脂肪牛乳低脂肪牛乳牛乳低温殺菌牛乳
牛乳風味弱めやや弱め強めやや弱め
ボディ感ライトボディミディアムボディヘビーボディミディアムボディ
コーヒーとの相性

牛乳の種類別おすすめの飲み方

  • 無脂肪乳
    コールドブリューにちょい足し。コールドブリューの優しい味わいが消されることなく、ミルクとマッチします。
  • 低脂肪乳
    ボウルでたっぷりカフェオレを楽しみたいときにおすすめ。アイスカフェオレでゴクゴク飲みたいときにもgood!
  • 牛乳
    休日の朝や肌寒い日にホットカフェオレにして楽しみたい。とってもミルキーなので、食事と合わせるときにもおすすめ。
  • 低温殺菌牛乳
    ミルク感が強くないので、浅煎りのコーヒーと合わせてカフェオレがおすすめ。浅煎りコーヒーの風味がミルクにまけずに美味しいコーヒーが楽しめます。

シーンや飲み方によって、ミルクを変えてみても面白いかもしれません。

そして、これからの季節におすすめのアイスカフェオレレシピはこちら

用意するもの

  • 氷(お好みの量)
  • 深煎りのコーヒー20g(中細挽き)
  • 牛乳 100〜120g
  • コーヒー抽出器具一式(ドリッパー、サーバー、ケトル、ペーパーフィルター)

▼作り方

  1. 20gのコーヒー粉で、ちょっと濃いめのコーヒーを作ります。
    お湯の量はいつもより気持ち少なめ、100gくらいで大丈夫です!
  2. グラスに適量の氷を入れ、牛乳をグラスの3分の2くらいまで注ぐ。
  3. 氷に沿ってコーヒーをゆっくりと注いで完成。

今回の検証で利用したのはBRA-0106(ブラジル パッセイオ)

ミルクチョコレートのような濃厚な甘さを楽しめます。毎朝の定番としてドリップしたくなる中深煎りのコーヒー。ミルクとの相性も抜群です!

コーヒーだけではなくて、ミルクを変更してみると、味のバリエーションがさらに広がって楽しいですよ!。ぜひ挑戦してみてくださいね。

沖縄県出身。大手チェーン2社、個人経営のコーヒー屋などで経験を積みコーヒーの抽出技術を磨く。その後、独立し自らが焙煎した豆の販売を開始。2019年1月、焙煎士としてPostCoffee入社。チーフロースターとして、日々研究を重ねている。2017年 JHDC(ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ)ファイナリスト。UCCコーヒーマスターズ2017/2018ハンドドリップ 部門関東大会入賞。