こんにちは!PostCoffee焙煎士のArisaです。

家で美味しいコーヒーを飲みたいけど、なかなか自分好みのコーヒーに出会えない!!そんな方にオススメのコーヒー豆の選び方をご紹介します。

コーヒー選びで大事な3つのポイント

  1. 好みにあった焙煎度で選ぶ
  2. 焙煎日がわかるコーヒーを選ぶ
  3. 抽出器具にあったメッシュ(挽き具合)にする

好みにあった焙煎度

浅い焙煎度では酸味を感じやすかったり、焙煎度が深くなると苦味やコクが増したり。同じコーヒー豆でも焙煎度によって味わいは大きく変化します。自分好みのコーヒーを見つける上で最も重要なポイントが焙煎度です。一般的には焙煎度は細かく8段階に分けられます。

  • ライトロースト
  • シナモンロースト
  • ミディアムロースト
  • ハイロースト
  • シティロースト
  • フルシティロースト
  • フレンチロースト
  • イタリアンロースト

ライトロースト

最も浅煎り。コク、香りともに不十分。一般的には飲用には向いていない。焙煎のテスト時などに用いられる。

シナモンロースト

シナモンに近い色。ライトよりも香りはあるが、酸味が強い。苦味はない。コーヒーの酸味を楽しみたい方にオススメ。浅煎りをオススメするサードウェーブ系のコーヒー屋さんに多い焙煎度。

ミディアムロースト

茶褐色。酸味は強く、苦味は弱い。口当たりが軽くアメリカンコーヒーが好きな人にオススメ。別名アメリカンロースト。コーヒー豆を鑑定する「カッピング」でよく使われる。

ハイロースト

スタンダードな焙煎度のひとつ。酸味、甘味、苦味のバランスが良い。ストレートで飲みたい人にオススメ。。喫茶店や家庭用のレギュラーコーヒーに多い焙煎度。

シティロースト

スタンダードな焙煎度。鮮やかなブラウン。酸味と苦味のバランスが良く、ボディ感もある。ストレートで程よいコクを楽しみたい人オススメ。喫茶店や家庭でよく飲まれる焙煎度。エスプレッソにも使われる。

フルシティロースト

ダークブラウン。酸味は弱く、苦味が強い。コーヒー豆の表面に油が出てくる。アイスコーヒーやエスプレッソが好きな方にオススメ。

フレンチロースト

酸味はほとんどなく、苦味とコクが強い。コーヒー豆の表面に油が出てくる。カフェオレやウインナーコーヒーが好きな人にオススメ。

イタリアンロースト

最も深煎り。黒に近い色。酸味はなく、香ばしさと濃厚なコクと苦味が特徴。油分で豆の表面が覆われる。苦味とコクを楽しみたい方にオススメ。かつては、エスプレッソやカプチーノに使用されることが多かった。

お店によって焙煎度の具合は異なるので、自分の好きな味の好みや飲み方を伝えてお店の方にオススメを聞いてみて下さい。

焙煎日がわかるコーヒーを選ぶ

コーヒー豆は生鮮食品と似ています。焙煎したコーヒー豆は時間が経つにつれてある時点から美味しさを感じられなくなってしまいます。そこで重要なのが焙煎日です。

自家焙煎店で購入する

豆の状態だと焙煎日から1〜2週間で飲みきれる量を購入するのが理想です。豆によりますが、美味しい状態で飲めるのが焙煎後2日〜4日ほど経過したもの。焙煎日は比較的新しいものを選ぶと保存期間が長くなります。粉に挽いてしまうと焙煎日に関わらず劣化は一気に進むので遅くても1週間で飲みきったほうが良いでしょう。

抽出器具にあったメッシュ(挽き具合)にする

美味しいコーヒーを楽しむためには、コーヒー豆を豆の状態で購入して飲む直前に挽くのがベストです。しかし、家にミルがない人や家でコーヒー豆を挽くのは面倒くさいという方も多いのでは?コーヒー購入時に粉にしてもらう場合は抽出器具にあったメッシュで挽いてもらいましょう!

コーヒー豆の挽き具合は大まかに5段階に分けられます。

  • 極細挽き
  • 細挽き
  • 中細挽き
  • 中挽き
  • 粗挽き

極細挽き

上白糖くらいの大きさでパウダー状。エスプレッソマシンに適した挽き目。細かい分、劣化は早い。

細挽き

上白糖とグラニュー糖の間。水出しコーヒーを作る際やマキネッタを使用する際に適した挽き目。ペーパードリップで苦味を強調したいときやアイスコーヒーを作るときにもオススメの挽き具合。

中細挽き

グラニュー糖くらいの大きさ。一般的なレギュラーコーヒーの挽き目。ペーパードリップやコーヒーメーカーはこの挽き具合

中挽き

グラニュー糖とザラメの中間。サイフォンやネルドリップに適した挽き目。

粗挽き

ザラメくらい。パーコーレーターやフレンチプレスに適した挽き目。コーヒー店によってはペーパードリップでも粗挽きで抽出することもある。

まとめ

コーヒー豆選びで失敗しないためには

  1. 自分の好みの焙煎度を知ること
  2. 焙煎度が新しいコーヒー豆を購入する
  3. 挽いてもらう場合には抽出する器具にあって挽き目で挽いてもらう

好みのコーヒーを選べるようになったら、自宅でコーヒーを飲むのが楽しくなります。自分の好みの飲み方や抽出法を知ることで、コーヒーの世界が広がります!