こんにちは。PostCoffee焙煎士のArisaです!

コーヒー好きの方や気づけば何個もドリッパーを持っているという方必見!!話題のセラミックフィルターとペーパーフィルターでコーヒーの味わいにどんな差が出るか検証してみました。

今回の検証で使用するセラミックフィルターは、THREE RIVERS(株)のセラフィルターです。

39 Arita Cera Filter

http://39arita.jp

セラミックフィルターの特徴

ペーパー不要の繰り返し使用できるエココーヒーフィルターです。数ミクロンの穴が無数にある多孔質セラミックで作られ、遠赤外線効果とセラミックの力で水のカルキ臭や不純物を取り除きます。目には見えない細かい網目で不純物を取り除くことができるため、雑味やえぐみを抑え、まろやかなコーヒーが楽しめます。

セラミックフィルターの使い方

  1. サーバーにそのままのせてドリップする
  2. 円錐型のドリッパーの上にのせてドリップする

検証

セラミックフィルターとの比較には、ハリオのV60ドリッパーを使用します。

レシピ

  • コーヒー(中挽き)15g
  • 湯 230g(30g→100g→100gと3回に分けて注ぐ)
  • 湯温 93℃
  • 蒸らし30秒

検証結果

湯を注ぎきってから落ちきるまでの時間は、ペーパーフィルターが11秒長い。

ペーパーフィルターは、ハリオV60の場合ひとつ穴からしかお湯が落ちないが、セラミックフィルターは目には見えない大きさのいくつもの穴から湯が落ちていくため、抽出時間はペーパーに比べて短くなったと考えられる。

味わいの比較

ペーパー→味わいの輪郭がはっきりしているため、フレーバーを感じやすい。液体が明るく、酸味を感じやすい。

セラミック→コーヒーオイルが抽出されるため、まろやかで柔らかい味わい。酸味はほとんど感じないが、ペーパーに比べるとぼやけた印象の味わい。

コーヒーのオイルが抽出されるかどうかによって味わいが大きく変わる。

まとめ

ペーパーフィルターはコーヒーオイルを吸着してしまうため、液体のフレーバーを感じやすくなるが、酸味が強調される。

セラミックフィルターはコーヒーオイルを通すために、液体がまろやかで飲みやすいが、味わいはぼやける。

酸味が好きで、コーヒーの味わいをクリアに感じたい方はペーパーフィルター酸味が苦手まろやかな味わいのコーヒーが好きな方はセラミックフィルターがオススメです!