こんにちは!PostCoffee焙煎士のArisaです。

先日フリーカッピングにお邪魔した丸山珈琲さん。そこで80g 6,966円のコーヒー豆が販売されていました。

高価なコーヒー豆といえば、パナマ産のゲイシャやインドネシアのコピ・ルアクを思い浮かべる人も多いと思いますが、今回販売されていたコーヒーはCOE1位のメキシコ産コーヒー。

COEとは?どうしてCOEに入賞したコーヒーは高価なのか?にフォーカスしてみます。

COEとは?

COEとはCup Of Excellence (カップオブエクセレンス)の略で簡単にいうとコーヒーの品評会のことです。各生産国でその年に収穫された最高品質のコーヒーを選出します。

COE入賞コーヒーとは、国際審査員の評価の平均が86点以上に対して与えられる称号で、スペシャルティコーヒーの中でもトップクラスのコーヒーです。現在は、世界11カ国で開催されています。

COE開催国

  • ブラジル
  • グアテマラ
  • ニカラグア
  • エルサルバドル
  • ホンジュラス
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • ルワンダ
  • ブルンディ
  • メキシコ
  • ペルー

COE入賞コーヒーが高価な理由

COEに入賞したコーヒー豆はネットオークションにかけられます。世界中のバイヤーが最高の豆を落札しようと入札に参加するため、COEに入賞したコーヒーは高価になるのです。

COE史上最高価格

2018年に開催されたCOEコスタリカ2018ではリカルド・カルデロン氏(ドン・カイート農園)のゲイシャ種のコーヒーが1kg73,000円という値段をつけ話題になりました。COE史上最高価格の2倍以上の金額で、丸山珈琲、猿田彦珈琲、山田珈琲の共同落札でした。

View this post on Instagram

2018年コスタリカ カップオブエクセレンス(COE)にて見事1位を獲得したリカルド・カルデロン氏のコーヒーを史上最高価格で共同落札いたしました。 : リカルド氏は2011年にもCOE1位になっている優良生産者で丸山珈琲では2010年から毎年リカルド氏のコーヒーを買い付けしております。 : 皆さまにご紹介できるのは少し先となりますが、どうぞお楽しみに!! : #丸山珈琲 #maruyamacoffee #カップオブエクセレンス2018 #コスタリカコーヒー #Repost @cupofexcellence with @get_repost ・・・ 🥇Wow, what an auction!⠀ More than 2800 bids placed during this record-breaking 6-hour auction. The winning bid of $300.09/lb has shattered our previous record by over $170/lb for 1A from Don Cayito (@cafedoncayito) owned by Luis Ricardo Calderon Madrigal. The entire Calderón Castillo family works for this farm which was purchased in 2013 and its named in honor of the great-grandfather of the family, Don Ricardo Calderón, who was known in the Santos area as "Cayito" Brenes. The family is overjoyed and honored with the perfectly processed honey Gesha scoring in at 91.29 was won by Maruyama Coffee (@maruyama_coffee), Sarutahiko Coffee (@sarutahikocoffee), Yamada Coffee (@yamada_coffee)⠀ Congratulations to all winning bidders and coffee producers! ⠀ Follow the link in our bio to see the 2018 Cost Rica auction results. ⠀ -⠀ #CupofExcellence #CostaRicaCoffee #CoffeeRecords #Coffeeauction #coffeefarmers #CupofexcellenceCostarica #coffeeworldrecord #Allianceforcoffeeexcellence⠀ 📷 by @cafedoncayito⠀

A post shared by MARUYAMA COFFEE (@maruyama_coffee) on

高品質なコーヒーの始まり

90年代にコーヒーの国際相場が低迷している中、各国政府やNGO団体により経済的問題を抱える発展途上国を救済するプロジェクトが始まりました。それがCOEの始まりです。

高品質のコーヒーを生産することで、生産者が評価される仕組み作りが行われたのです。COEを運営するACE(Alliance for Coffee Excellence Inc.)を始め、SCAA(Specialty Coffee Association of America)や日本ではSCAJ(Specialty Coffee Association of Japan)の設立によって、スペシャルティコーヒーが普及し認知されるようになりました。

生産者が美味しいコーヒーを作ると評価される仕組みが整ったことで、美味しいコーヒーには正当な価格がつけられるようになりました。美味しいコーヒーが高いのは理由があるのですね。

まとめ

  • COEはCup Of Excellenceの略でコーヒーの品評会のこと
  • COEに入賞したコーヒーはネットオークションにかけられるため、高価
  • COEは高品質なコーヒーを作ると生産者が評価される仕組み

COE入賞のコーヒー豆は高価ですが、生産者が美味しいコーヒーを作ろうと努力した結果が評価されているのですね。COEのコーヒーを飲むことができるお店も多いので、ぜひ試してみてください。