コーヒーの定期便 あなた専用のコーヒーボックスがポストに届く スペシャルティコーヒーのサブスクリプションサービス PostCoffee

【初心者向け】これからハンドドリップを楽しみたい人へ。ドリッパーの選び方をご紹介!

2021/08/23

リモートワークやオンライン授業が当たり前になり、お家で過ごす時間が増えた今日この頃。そんな在宅時間でハンドドリップのコーヒーを楽しむために、これからグッズを揃えるという人も多いのではないでしょうか。

今回は、コーヒーライフには欠かせないドリッパーの選び方をご紹介。一見同じに見えるドリッパーでも、形や特徴によってコーヒーの味わいも大きく変わってくるんです。

コーヒーの仕上がりや使い勝手など、こだわりを持って自分にぴったりなものを探してみてくださいね。

ドリッパーの形状で選ぶ

ドリッパーには大きく分けて「台形型」と「円錐型」の2種類があります。それぞれでお湯の流れ方が異なり、コーヒーの味わいにも違いが出てきます。

しっかりした味わいなら台形型

台形型のドリッパーでは、注いだお湯が一度底に溜まってから流れるようになっています。したがって、コーヒーのエキスをじっくり抽出するので、コクのあるしっかりとした味わいに仕上がります。味がお湯を注ぐスピードに左右されないため、初心者におすすめの形状です!

すっきりした味わいなら円錐型

円錐型のドリッパーは、お湯がストレートに穴に向かって流れるため、比較的あっさり、すっきりした味わいのコーヒーに仕上がります。また、お湯を注ぐスピードによって、コーヒーの濃度に変化をつけることができます。

ドリッパーの穴で選ぶ

コーヒードリッパーの底にある穴にも、コーヒーの味を左右する秘密が。穴の数とサイズをチェックしてみましょう。

穴の数

穴の数はお湯の流れるスピードに影響します。穴が1個の場合は、お湯がゆっくり落ちるため、コーヒーは濃くなります。一方で穴が3個の場合は、お湯がすっと落ちるため、ひとつ穴のドリッパーに比べて薄めのコーヒーが抽出されます。

穴のサイズ

穴のサイズについても、ドリッパーによって様々です。穴が小さいほど濃く、大きいほど薄めのコーヒーに仕上がります。

ドリッパーのリブ(溝)で選ぶ

ドリッパーの内側には、リブと呼ばれる溝があります。このリブは、ペーパーフィルターの密着を防ぐほかに、お湯の流れを調整することで、コーヒーの味を左右します。主流は直線型とスパイラル型の2種類。

直線型

直線型のリブが入ったドリッパーでは、お湯の落ちるスピードは速め。あっさりしたコーヒーがお好みの人は、直線型を選ぶのがおすすめです。

スパイラル型

直線型と比較して、スパイラル型はお湯のスピードは遅め。濃いめで深い味が好きな人は、スパイラル型を選ぶのが良いでしょう。また、スパイラル型は円錐型で多く見られます。

PostCoffeeのスタッフのおすすめドリッパー4選

ここからは、PostCoffeeのスタッフが厳選したドリッパーをご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.TORCH(トーチ)マウンテンドリッパー

磁器でできたドリッパーです。保温効果が抜群で一定の温度でコーヒーを抽出することができます。コーヒーの仕上がりは、すっきりとした口当たりに。

かわいらしさとシンプルさが両立したデザインは、どんなインテリアにも馴染みそう。1~2杯用の使いやすいサイズになっています。

2. HARIO(ハリオ) V60 透過ドリッパー

落としても割れにくい樹脂製のドリッパーで、普段使いにぴったりです。お家ではもちろん、軽く持ち運びにも便利なのでキャンプや旅行などでも重宝しそうです。

また、高性能でありながらリーズナブルなのも魅力のひとつです。

3.Kalita(カリタ) コーヒー ドリッパー ウェーブシリーズ

言わずと知れたコーヒー器具の老舗メーカー Kalitaの、ステンレス製ドリッパーです。Kalita独自の小さな3つの穴が特徴で、初心者でも味わいがブレることなくドリップできます。

スタイリッシュなビジュアルで、日常のどのシーンにもよく合います。淹れ方のこだわりよりもおしゃれにコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

4.KINTO(キントー) SCS ステンレスフィルター

これまでの3つとは違い、使い捨てのペーパーフィルターを使わないタイプのドリッパーです。コーヒーライフをエコに楽しめるのが嬉しいですね。

このステンレスフィルター最大の特徴は、味わい深く、香り高いコーヒーを抽出できる点。ペーパーを通さないので、コーヒーのオイルがそのまま抽出され、まろやかな味わいに仕上がります。

また、こちらの記事ではドリッパーによるコーヒーの味の違いも検証しています。是非一緒に読んでみてくださいね。

じっくりと時間をかけてコーヒーをハンドドリップする時間は、毎日をもっと楽しく豊かにしてくれるはず。

そんなコーヒーライフを、お気に入りのドリッパーと始めてみませんか?

(Text:Mayuko Suzuki)

大学院生 / 喫茶店巡りと読書が好きです