こんにちは。PostCoffee焙煎士のArisaです。コーヒーを美味しく飲めるのは焙煎日からどれぐらいの期間か?と聞かれることが最近増えたので、焙煎のことについてちょこっとご紹介します。

焙煎したて=美味しいコーヒーという常識

多くのコーヒー屋さんでは焙煎から約1週間が最もコーヒーを美味しく飲める期間という風に言われているため、コーヒーは焙煎したての方が美味しいと思われている方も多いのではないでしょうか。

実は、焙煎したてが美味しいとは断言できないのが本当のところです。コーヒーの味わいを決めるのは、生豆の品質であったり、生豆の収穫年度、焙煎度合い、焙煎の仕方など、様々要素がからみあっています。

焙煎してから1週間以内が美味しいコーヒーもあれば、2週間以上、中には1ヶ月経ったほうが美味しいコーヒーもあります。

コーヒーの抽出レシピと同様にコーヒーの飲み頃については、コーヒーを購入しているお店の推奨する期間が最も美味しく飲める期間だと考えた方が良いでしょう。

PostCoffeeが提案する飲み頃

結局、PostCoffeeの飲み頃はいつなの?と思われた方もいらっしゃるかと思います。PostCoffeeのコーヒーは焙煎後、約2〜3週間が最も美味しく飲めるというのが今の私達の見解です。

なぜ2〜3週間が美味しい?

PostCoffeeではコーヒーを焙煎してから1週間ごとにカッピングを行っています。1週間経過したものでも、焙煎による香ばしさが目立ち、コーヒー本来の持つフルーツ感や味わいを感じにくいのです。2〜3週間経過すると、コーヒーに含まれるガスが程よく抜けて豆の持つ本来の味わいが感じやすいのです。

コーヒーに含まれるガスはコーヒーの味わいを感じ取る邪魔をしてしまいます。焙煎したてのコーヒーを飲むと、焙煎による香りがコーヒーの味わいを占めているのが感じられます。香ばしさはあるけど、豆の味がはっきりしない、ぼんやりとした味わいです。

奥が深いコーヒーの世界

コーヒーはまだまだ検証しないとわからないことが多いです。私も、以前は焙煎から日が経ったコーヒーは美味しくない、1週間以内が理想だという考えをもっていました。色んなコーヒーを飲んで、焙煎の方法を色々試してみて、コーヒーの味わいが出てくるまでに2〜3週間かかることもあるんだなと実感しています。今後も、え!本当に!?そんなことある!?というコーヒー情報をお伝えしていけるように検証していきますので、お楽しみに!